ストーリーイメージフォト01

Under Armour Story

アンダーアーマーストーリー

アスリートには、アスリートにしか理解できないニーズが存在する。

メリーランド大学のアメリカンフットボール選手だったケビン・プランク(現:米アンダーアーマー社社長)は、ショルダーパッドの下に着ているコットンシャツが汗で重くなり、ベタベタまとわりついて不快かつ機能的でないことを、いまいましく感じていた。

「選手のもっている能力を最大限に発揮できるような、もっと高機能なウェアを開発できないか」というケビンの熱い気持ちは大学卒業と同時にすぐさま実行に移された。1996年、ジョージタウンにあるケビンの祖母の家の地下室から“アンダーアーマーストーリー”は始まった。

オフィシャルサプライヤーとしての信頼と実績

ストーリーイメージフォト02

幼少の頃からトップアスリートであったケビンにはNFL、MLB、NCAAのメジャーカレッジなどに多くの友人がいた。ケビンは製品を試作しては、友人である現役トップアスリート達に手渡し、彼らからのフィードバックを受け、改良を重ねていった。

今までの概念をくつがえすタイトフィットなウェア。最初にケビンのウェアを着たアスリートは当初、チームメイトから奇異な眼差しで見られていた。しかし練習後に汗びっしょりになって戻った選手は、『アンダーアーマー』を着用した選手が涼しい顔をしているのを見て、「そのウェアはなんだ?」と聞く。そして次の日には「それ着てみてもいいかな?」と聞き、その現象が次の選手へ、そのまた次の選手へと伝染し、ロッカールームの一角で始まった伝染は、いつしかチーム全体に、さらには他のチームへと広がっていった・・・。

そして現在、『アンダーアーマー』は全米のあらゆるプロスポーツのオフィシャルサプライヤーとしての信頼と実績を集めている。

世界への第一歩、日本との関わり

『アンダーアーマー』を開発したのがアスリートならば、その製品の真の価値を見極め、成功への基礎を手助けしたのもまたアスリートである。

その男とは、『アンダーアーマー』の日本総代理店である株式会社ドーム社長、安田秀一である。生粋のアスリートであった安田が『アンダーアーマー』を初めて目にしたのは1998年、NFLヨーロッパでコーチを務めていた時のことだ。見たこともないウェアに安田は興味を持ち、すぐさま袖を通した。そしてその類い稀な機能を体感した安田は「現役の頃にこれがあったらどんなに良かったか」と感じた。そしてこの画期的なウェアを日本にも伝えなくては・・・そんな使命感に安田は駆られた。

安田は早速ケビンにコンタクトをとった。同じアスリート同士、すぐに二人は意気投合し、安田は日本で『アンダーアーマー』を展開することになった。その品質に対する安田の高い意識に対して、ケビンも誠意を持って対応した。

ケビンと安田、二人のアスリートの国際的なパートナーシップにより土台が築かれた『アンダーアーマー』。これからも国境を越え、アスリートのために進化を続けていく。

ストーリーイメージフォト03
  • Check
PAGE TOP

MEN