ホワイトプラス リニューアル新登場 購入はこちら

新商品 ホワイトプラス ココが変わりました

ホワイトプラス改良のポイント
ポイント1 粘着力が大幅UP
初期粘着力(傾斜式ボールタック試験)

傾斜式ボールタック試験とは

JIS Z 0237で採用されている粘着剤のタック(ベタつき)を測定する方法です。20度~40度の傾斜板を備えた装置で、1/32インチ~1インチまで、大きさの順にナンバーがついた31種類の大きさの鋼球を使用して計測します。傾斜の頂上から100mm助走させて、粘着面で止まる最大径のボールナンバーでタック(ベタつき)の強さを表示します。ボールナンバーが大きければ大きいほどタック(ベタつき)が強いということになります。

ポイント2 しなやかな生地 しなやかな生地

粘着力と生地のしなやかさがポイント

今回リニューアルしたホワイトプラスは、従来品では少し不安のあった初期粘着が大幅に改善されていますので、巻き始めのストレスもなく使えます。粘着剤と生地の改良で、よりしなやかでフィット感に優れたテープに仕上がっています。巻かれる立場のアスリートの安心感にも繋がるので、是非お勧めしたいテープです。

リカバリースペシャリスト 井澤 秀典

井澤 秀典

ドームアスリートハウス
リカバリースペシャリスト

日本体育協会公認アスレティックトレーナー、鍼師 灸師 按摩マッサージ指圧師

ホワイトプラス リニューアル新登場 購入はこちら
PAGE TOP